工法・製品紹介

下水道管路施設から発生する臭気は、人々に不快感を与えるだけでなく、街のイメージを著しく損なう大きな要因となっています。このため、下水道の公営管理者は臭気対策の一つとして、臭気発生原因の多くを占めるビルビットの清掃ならびに改善指導等を、ビル管理者・所有者に対して行ってきていますが、十分な理解と協力が得られていないのが実情です。そうした状況の中、当社は「防臭リッド」により四半世紀にわたり大都市の繁華街の臭気を防いできた実績(東京都23区内だけでも、5万箇所以上の臭気苦情桝を解決)と経験、そして独自のノウハウ(設置後の実情および維持管理手法も熟知)を活かし、「臭気苦情住民への緊急対策」として「防臭王シリーズ」を新たに開発しました。地域住民のみならず、すべての来訪者の不快感を払拭し、より多くの人が心地よく集う快適な街へ・・・・・・「防臭王シリーズ」が、あなたの街のイメージアップと活性化を力強くサポートします。

 

「防臭王シリーズ」による効果と、私たちのアクション

 

臭気による不快感を払拭し、街のイメージアップに一役!

~「JR池袋東口繁華街」における臭気苦情対策の効果~

 

 飲食店の多い繁華街では、住民や歩行者から臭気の苦情が多く寄せられます。 特に管理不十分なビルピットに貯留された汚水が排水された直後は、下水道管から周辺の雨水桝に硫化水素が漏れ出し、多くの人が鼻をふさぎ足早に立ち去る光景をよく目にします。 このような状況が続くと、街のイメージが損なわれるばかりか、集客上のダメージにもつながりかねません。 平成18年7月発行の月刊下水道に掲載された調査レポートによれば、都内有数の繁華街であるJR池袋東口の一街区(約2ha)の雨水桝全部に防臭器具を設置したところ、下水臭の強さ及び発生頻度が大幅に改善されることがわかりました。この調査で設置された防臭器具には、『防臭王シリーズ』が使用され、雨水桝から漏れる硫化水素濃度はゼロになることが確認されました。 こうした臭気苦情対策は人目に触れませんが、街のイメージアップをもたらし、街の活性化に寄与するものと考えられます。

 3ヶ所の雨水桝内の硫化水素濃度(夏季:2005年6月調査)

 

 

 3ヶ所の雨水桝内の硫化水素濃度(冬季:2005年12月調査)

 

害虫防除対策にも威力を発揮し、住民の安心をサポート。

~「東京都葛飾区南水元」における試みと追跡調査より~

 

『防臭リッド』は、四半世紀前から各地で蚊やブヨの害虫防除に活用され、自治体の議会でも報告されてきました。以下に、害虫防除の例として、東京都葛飾区南水元において試みた「管路施設から居住地域への蚊の飛散防止策」の追跡調査を紹介します。

 

『防臭リッド』設置に至るまでの状況

1.築造後15年以上経った東金町3号雨水幹線から、年2回(春・秋)1ヶ月間にわたる蚊の大量発生が起きています。

2.公営管理者による管掃や害虫防除の消毒が実施されても、1週間後には再発生し、各住居への蚊の侵入は治まりません。クリーニング店や飲食店の営業にも支障が出る状況のまま、解決策を見出せない日々が続きました。

3.公営管理者が状況確認のため雨水人孔蓋を開けると、数百匹の蚊が飛散し、その場では手の施しようが無く、緊急対策として発生区域の雨水桝に『防臭リッド』を設置しました。

 

 

『防臭リッド』設置半年後(大量発生時期)の追跡調査状況

 大量発生区域は雨水幹線が直角に屈曲会合人孔の上流側1スパンで、蚊の発生に適していました。追跡調査は、人孔上に蚊の飛散防止シート(写真①)を張り、深さ6m・管径1.1m・延長80mを、幹線内の目視による『防臭リッド』設置後の調査を行いました。

 

審査結果1

 人孔深さ6m(写真②)の中で、元気の無い蚊を10匹程度を確認。『防臭リッド』設置前の人孔側壁にびっしり張付き、側壁コンクリートが認識されないほど真っ黒になっていた時と比較して、雨水桝に設置した『防臭リッド』の効果が確認できました。

 

審査結果2

 幹線管渠の管口から奥行き10m付近を飛ぶ元気の無い蚊(写真③)。延長80m内では壁面にとまっている蚊を含めると数百匹の生息が確認。ほとんどの蚊は地上へ出ていません。また、雨水桝の泥溜めにもボウフラの発生は認められません。

 

審査結果3

 幹線管渠内の両側の流水際に、地上に出られず一生を終えた蚊の死骸が数え切れないほど延々と続いていました(写真④)。また、『防臭リッド』を設置していない上流側のスパンには、流水際の死骸は皆無であり、幹線管渠内の多くの蚊も元気でした。

 

 こうした調査結果によって、害虫防除の消毒と併用する『防臭リッド』の設置効果がはっきりと確認され、地域住民の方々から、「蚊を見かけることがほとんどなくなり、営業のために店の玄関を開け放しにしても安心です」等、多くの「安心の声」が聞かれました。

 

写真①蚊の飛散防止シート。大量発生区域の人孔蓋を開けて調査する時に使用します。写真②コンクリート壁を大量の蚊が覆いつくしていた設置前の状況から、驚くほど改善された人孔深6mの内部状況。写真③地上へ出ることなく管口から奥行10m付近を弱々しく飛ぶ蚊。写真④幹線管渠内の両側の流水際に無数に連なる蚊の死骸。上流側スパンには蚊の死骸はありません。

 

汚水桝の蓋ずらし対策にも、『防臭王シリーズ』の活用を!

 

 多くの商店街では雨水桝蓋の排水スリットが段差解消板や商品、立て看板などによって阻害され、道路排水に支障を来たしています。このため、雨水桝の機能を汚水桝に代替させるため住民が汚水桝の蓋をずらしている事例が多く見られ、下水道の公営管理者側の説明効果がなかなか現れないのが現状のようです。

 このように汚水桝の蓋がずらされますと、通行人が蓋につまずく怪我の発生や、汚水桝が原因の臭気苦情が寄せられ緊急出動する事例が跡を絶ちません。当社は、こうした状況を見据え、『防臭リッド、防臭リッド可動型』の活用による汚水桝の蓋ずらし対策を提案しています。

 

〔使用条件〕

1.宅内への逆流のおそれがある箇所(浸水多発地区・半地下建物)では使用できません。

2.下水道本管の流下能力に対する比流量が余裕をもっている地域でご使用ください。

3.明確な公営管理者のもとで、適切な維持管理の継続が可能な地域でご使用ください。

4.桝蓋表示の明確化が必要です。

 

 

お問い合わせ  電話:03-3899-0123  メール:bshoshi@adachi-tokyo.co.jp

 

詳細資料(PDFファイル)

 

下のアイコンをクリックして下さい

(左クリックでPDFファイルを表示 / 右クリック -「リンク先を保存」でPDFファイルをダウンロード)

防臭王シリーズ詳細説明資料1頁~20頁防臭王シリーズ防臭リッド防臭キャップ総合カタログ7頁新聞記事(日本下水道新聞 2006年12月26日版)